防犯カメラの販売・工事のスペシャリスト 株式会社クリエイティブソリューション
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6426-9515
受付時間10:00~19:00(年末年始を除く)
年中無休
公開日:2016年8月26日
最終更新日:2016年8月30日

【防犯対策】すぐに取り入れられる防犯グッズまとめ#1 玄関玄関周り編
今回は週末にホームセンターなどで購入できる防犯グッズのまとめのご紹介です。
玄関回りの防犯対策グッズを取り入れる際にお役立てください!

防犯対策をするなら、まず犯罪について分析しましょう。

一人暮らしや共働き、長期休暇で家をあける場合など家の防犯対策はしっかりしておきたいですよね。
防犯対策をするにはまず空き巣や窃盗などを分析する必要があります!

犯人は侵入する前に必ず下見をする!

犯人は家に忍び込む前に「この家は侵入しやすいだろうか」と品定めをします。

また、住宅の侵入までに5分以上かかると7割が犯行をあきらめるという統計もあります。
当社では防犯カメラを販売しておりますが、それと併せたグッズで犯人にてこずらせるような工夫も必要です!

相乗効果で防犯効果のある「音」と「光」の効果

防犯グッズはいまやホームセンター、インターネットなどの通販で気軽に変える時代になりました。
以下は防犯グッズの一例です。

住宅に侵入する犯罪は「音」や「光」が弱点。今回は「防犯砂利」と「防犯ライト(センサーライト)」のご紹介をさせていただきます。
数ある商品の中からあなたに合ったものを取り入れてみてくださいね!

【音で防犯!】犯人の移動を遅くする!歩くと普通の砂利より音が出る防犯砂利

防犯砂利イメージ
侵入経路は主に窓。一戸建の場合外壁と窓の間には土か砂利が敷いてありますよね。
普通の砂利を敷くよりもさらに音が鳴る防犯砂利がおすすめです。

素材

素材はガラスを高温で溶解し発泡させた軽石状のものや、溶岩砂利、瓦を砕いたものもあります。
防犯効果に加え防草の効果も謳っている商品もあるようです。
ガラス素材のものでしたら量のわりに軽く1袋5kg~10kg前後の重さのものもありますので、作業するにも扱いやすいでしょう。

音の大きさ:デシベルの目安

音の単位はデシベルで、dbと記載されているものの数値が高いと音が大きいということになります。

120db 飛行機のエンジンの近く
110db 自動車のクラクション
100db 電車が通るときのガード下
90db 騒々しい工場の中
80db 地下鉄の車内
70db セミの鳴き声
60db トイレの洗浄音
50db 家庭用クーラー(室外機)
40db 図書館
30db ささやき声
20db 木の葉のふれあう音

引用:㈱東京管理測定

いかがでしょう?窃盗が行われる深夜2時頃に聞いたら気づくと思うデシベル数はどれくらいでしょうか?
人の生活音量は一般的に40~50dbと言われていますので、それ以上の音が鳴る防犯砂利をご購入されることをお勧めいたします。

防犯砂利の費用

防犯砂利の費用はだいたい60Lの容量でしたら2,000円台でご購入することができます。

【光で防犯!】センサーライトで犯人を人目につけやすくする防犯ライト

防犯ライト(センサーライト)
学校帰りや仕事帰りに住宅街を歩いていると、玄関に付けられたライトがぱっと明るくなったというご経験があるかと思います。
ご家族が帰宅された際の足元を照らす効果もありますし、防犯としての効果もあります。
駐車する際にも便利ですね!
無線タイプ、ソーラータイプ、防雨型があり、ソーラータイプは太陽光で充電するので電源のない場所でも設置が可能です!

取り付け方は商品によってさまざま

一戸建てでも家に穴をあけたくないと思う方もいらっしゃいますよね。
そんなときは柵などにバイス式と言われる上や横から挟むタイプのものがおすすめですよ!

防犯カメラは暗所でもライトなしで撮影、威嚇ができ防犯効果があります

防犯カメラで防犯対策
センサーライト(防犯ライト)は人の動きに反応して光りますので、深夜の度重なる発光が取り付けた際にご近所トラブルになるケースもあるようです。
防犯カメラでは赤外線ライトを搭載していますので、人が認知できる光がないような暗所でも白黒で撮影することができます。
高い位置での設置ということもあり、遠目から威嚇効果もあります。
あなたのおうちに合った防犯対策をしていきましょう!

関連記事

記事はありませんでした


この記事のキーワード

お問合せ
株式会社クリエイティブソリューションでは防犯カメラの販売と設置工事を承っております。また、それに必要なネット回線までご相談いただけるような仕組みをご用意しております。

こんなお悩みもお気軽にご相談くださいませ。

クリエイティブソリューションに問い合わせる

この記事の著者

株式会社クリエイティブソリューション
記事一覧

著者一覧