防犯カメラの販売・工事のスペシャリスト 株式会社クリエイティブソリューション
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-6426-9515
受付時間10:00~19:00(年末年始を除く)
年中無休
公開日:2017年5月30日
夜間車に嫌がらせで傷をつけられるなら取り入れておきたい防犯カメラの機能

あなたの車に嫌がらせで傷をつけられたりスプレーをかけられ続けるなら、防犯カメラで証拠を撮影しましょう。

嫌がらせは放っておいてもやめさせることはできない

もしあなたが今あなたの家や会社の車に嫌がらせで傷をつけられたりスプレーなどでいたずら書きをされて困っているなら、防犯カメラで撮影して証拠を入手しましょう。
犯人は意外にも身近な人だったという事が多々あります。

あなたが悪いと思っていないような理由でも犯人はあなたの財産である車や家に嫌がらせをします。

特にあなたと面識がある人からの嫌がらせは1回では終わらない

全く面識のない通り魔ではなく犯人があなたの事を知っていて行った犯行なら要注意です。
どうしても探偵や防犯カメラ設置料金と比較して修理した方が安いから…と修理をしても、また元通りになった車を見て犯人は気に食わない為再度嫌がらせをしてくることがあります。
いたちごっこではあなたの修理代も、気持ちも、ご家族の安全も心配ですよね。
それに根本を解決しなくてはあなたのお悩みは解決しませんので、防犯カメラでしっかりと証拠を撮影しましょう。

以下で防犯カメラに搭載していた方が便利な機能をご紹介します。

暗所でも撮影できる赤外線センサー搭載の防犯カメラ

犯行が行われるのはあなたが外出していたり寝ている時に行われます。お仕事でお車を使われているのなら昼間はできませんので、必然的に夜の犯行となります。
そこで防犯カメラの機能の「赤外線センサー」で暗所でも白黒に映像を映し出す機能は必ず入れておきたいですね。

赤外線センサー機能とナイトビジョンカメラとの違い

ナイトビジョンカメラは光源がある程度ある暗さを明るく映し出してくれる機能です。
もしあなたのご自宅の前や駐車スペースが一晩中を通して暗いのであれば、確実に撮影できる赤外線センサーをお勧めいたします。

犯行の音や犯人の声も証拠として残す音声録画機能

犯行の音を映像と併せて残すのも有効です。
例えば車に傷つける行為として10円などの硬貨でボディに傷をつける行為をした際は音が発生します。
この行為の映像と音で動かぬ証拠となります。
映像だけでは心配という方には音声録画機能も併せて取り入れる事をお勧めいたします。

※防犯カメラの設置場所によっては音が小さくなることがあります。設置の際は状況に応じて取り入れてください。

西日が当たっても人物の顔がはっきり見える逆光補正

家の間取りや方角によっては玄関側に西日が差す事もあります。
すると防犯カメラと西日の間に人が立つと逆光となり、人物の顔が黒くなってしまい特定ができなくなります。
そこで逆光補正で人物の顔に明るさを併せてくれる機能を取り入れてどの時間帯でもしっかり撮影できるようにしましょう。

屋外に設置しても大丈夫な防水・防塵機能

防犯カメラの設置場所として大きく「屋内用」と「屋外用」に分ける事ができます。屋外での使用は軒下やカーポートの下であっても台風などの風により雨が舞って防犯カメラに付着したり、梅雨時期の湿気や、乾燥している時期の砂埃にさらされる事もあります。

この時にあなたが購入しようとしている防犯カメラの「防水性能」でIPから始まる2桁の数字を確認しましょう。
IPのあとの数字が防塵、次の数字が防水がどれだけ耐久性があるかをテストしたもので、数字が高いほど効果が高いという事になります。

屋外に屋内用の防犯カメラを使ってはいけないの?というご質問をいただきますが、屋外と屋内では防犯カメラがさらされる環境が異なりますので、確実に映像を撮影したいのであれば屋外には屋外用の防犯カメラを使用するか、カメラハウジングという防水カメラになるボックスをご利用いただく事をお勧めいたします。

犯行の瞬間を逃さないための便利な機能のご紹介でした。
更に状況に合わせてその他の機能が必要となる場合があります。
防犯カメラ設置の目的と設置場所を一度プロに相談して確実に映像に残す防犯対策を行いましょう。

関連記事


この記事のキーワード

お問合せ
株式会社クリエイティブソリューションでは防犯カメラの販売と設置工事を承っております。また、それに必要なネット回線までご相談いただけるような仕組みをご用意しております。

こんなお悩みもお気軽にご相談くださいませ。

クリエイティブソリューションに問い合わせる

この記事の著者

株式会社クリエイティブソリューション
記事一覧

著者一覧